40代男性との国際結婚を女性が拒否する理由と結婚相談所利用の心構え

こんにちは国際結婚相談所アジマリです。

国際結婚を考える男性で一番多い世代は40代の男性です。若い日本人女性との結婚が難しい年齢になるということもあり、経済格差を利用できる国際結婚に切り替える方が多いです。

日本人がオファーすれば外国人なんて大体誰でも選び放題だろ? 

ぐらいに軽く考えている男性もいますが、中年の国際結婚は想像よりも数段ハードルが高いことが多いです。

いくら国際結婚と言っても、もう少し危機感を持って真剣に活動しないと、成婚できないという話をしたいと思います。

40代男性との国際結婚を女性が拒否する理由

国際結婚で女性が男性を拒絶するのは以下のような理由からです。

  • 年齢
  • 顔・身長・体型など見た目
  • 場所
  • 経済力
  • 性格
  • 介護

年齢

まずは年齢が高すぎることです。

国際結婚だと40代男性の多くが20代前半〜中盤の女性を希望してきます。しかし、20代女性側からすると、自分の両親と同じぐらいの年齢の男性からのオファーは抵抗があります。

いくら先進国とはいえ、自分の年齢よりも年上の男に嫁がせたい親はいません。40歳を超えてくると、場合によっては親世代よりも高齢となるため「親に反対される・された」という理由でお断りされるケースが増加します。

経済力

年齢が上がると一番心配なのは経済力です。国際結婚を考えている方の中には自営業者もいますが、どちらかといえば会社員の方が多いです。

40代の会社員との結婚となると問題になるのが、何歳まで働くことができるかという問題です。日本では一般的に定年が65歳となっているため、45歳以上となると、結婚後すぐに子供を作ったとしても大学卒業する頃には定年となっています。

 
アジマリ
国際結婚相談所の中のデータでは45歳以上になると、急激に成婚までのハードルが上がります。

顔や体型など見た目の衰えが目立つ

40代ともなると、厳しい営業ノルマからなのか、顔つきが険しい方や実年齢より10歳以上年上の見た目年齢の方もいます。

険しい顔や人相が悪い方は「性格が厳しそうに見える」「すぐ怒りそうで怖い」などマイナスのイメージを与えてしまいます。

体型も中年太りだったり、髪の毛が薄かったり、白髪が多かったりすると、若い女性からすれば、いくら経済力があったとしても、生理的に見た目が受け付けないという理由でお断りされます。

居住エリアが地方

居住エリアが地方だと外国人女性には敬遠されがちです。

断トツ人気が東京で、大阪・名古屋・福岡がそれなりの人気となっています。やはり外国人からすれば、同じ国の人が多かったり、海外食料品店、電車などの公共交通機関などが発達している都市部の方が圧倒的に住みやすいです。

 
アジマリ
地方で年収600万円の男性の方が、東京で年収600万円の男性よりも、仕事できそうですが、残念ながら外国人からすれば、東京住みの年収600万円の方が魅力的に映るんですよね…

介護・健康・不妊のリスク

40代の男性との結婚となると、健康面でも不安が残ります。

真っ先の思い浮かぶのは介護の問題でしょう。自分の親と同世代である40代の男性と結婚するとなると、20代の外国人妻からすれば、下手すれば両親と旦那の3人の介護を一手に引き受けなければならなくなる可能性もあります。

また自分も子供が欲しい方が大半ですが、40代ともなると男性側が原因で子供が産めなくなるリスクが高まってしまいます。

他に魅力的なオファーが多い

国際結婚相談所で登録されている女性は、一部の方に集中してオファーが集まる傾向があります。

30代の男性がオファーすると、たとえ年収で40代男性より勝っていたとしても30代の男性が選ばれる傾向があります。男性の国際結婚では経済力よりも年齢が一番重要と言っても過言ではありません。

自分の求める女性のルックスレベルと女性側の選択肢の中で、自分が魅力的でないと判断される場合には、なかなか成婚できる女性に巡り合うことができません。

国際結婚相談所経由を利用したい40代男性に自問自答して欲しい心構え

以上、国際結婚を希望している女性が、40代の日本人男性からのオファーを断る際の主な理由でした。

全員が全員厳しいチェックをしている訳ではありませんので、根気よく活動を続けながら、妥協点を探っていけば、40代後半でも若いベトナム女性と結婚できる可能性はゼロではありません。

 
アジマリ
一応、アジマリの女性会員さんの中でもで50代の男性と連絡のやり取りを続けている方が複数名います。

外国人女性との接点がないので、国際結婚相談所の利用を検討している男性も多いと思います。

そこで、国際結婚カウンセラーという立場から、入会前にぜひ一度40代の男性には自問自答しておいて頂きたいのが以下の項目です。

  • 本当に国際結婚したいですか?
  • 子供は考えていますか?
  • ブライダルチェックしていますか?
  • 定年後の経済的な計画はありますか?
  • 外国人パブではダメですか?
  • 今すぐ行動に移すだけの気持ちは固まっていますか?

本当に国際結婚したいですか?

まず、本当に国際結婚したいかどうかです。国際結婚相談所へのお問い合わせいただく40代・50代の中年男性の中には、少なからず「アジア人なら金を積めば結婚できる」と思っている方がいます。

これから自分が結婚しようと思っている国や国民を見下している方が、幸せな家庭生活を築けるとは思えないので、国際結婚相談所の中には入会拒否項目に指定している場合もあります。

外国人との結婚は、どこかで日本人女性と結婚できない場合の妥協案ぐらいに考えている方は、国際結婚しない方がいいでしょう。

子供は真剣に考えていますか?

40代でお問い合わせ頂く男性の中には、婚歴があり、前妻との間に子供がいる場合があります。

その場合には男性からすると、子供は「できそうなら欲しい」「どっちでもいい」「いらない」など、そこまで子供に執着していない方もいます。

前妻との間に、子供がいるので、自分としては新しく子供を持たなくてもいいと思っているのかもしれませんが、20代〜30代前半の外国人女性で初婚の方を指名するなら、子供は、ほぼ全員が産みたいと思っています。

これから結婚するお嫁さんとの間で新しく赤ちゃんを産み、子育てをしていくだけの覚悟があるかどうかは熟考しておいてください。

定年後の経済的な計画はありますか?

合わせて、どのような経済的な計画で子供が成人になるまで育てていくのか、自分が先に他界した場合の経済的な計画なども、年の差婚を狙う場合には、説明できるようにしておいてください。

ブライダルチェックしていますか?

40代以上で結婚を希望するのであれば、ブライダルチェック(精子チェック)はしておきましょう。不妊の原因は女性と同じ割合で男性にもあります。

年齢が高い男性の方が生殖能力に問題があるリスクが高いので、自分が心身ともに健康である体であることは、公的な証明があった方が女性も安心して高齢の男性と交際することができます。

ブライダルチェックでは泌尿器科のあるクリニックで実施しています。たとえば、アジマリのある大阪市だと「ほしやまクリニック」などが実施しています。

外国人パブではダメですか?

アジマリは数少ない格安料金が強みの国際結婚相談所です。低価格にできる理由はビザまでサポートせずに、連絡先交換までをサポートするサービスだからです。

関連記事:アジマリの「彼女からコース」とは?

成婚する必要がないということで、中には「いい人がいたら結婚したい」というお問い合わせもあります。

40代で「いい人がいたら結婚したい」なんて余裕のある発言をしている方は、そのうち、外国人との交際の面倒な部分も見えてきて、「やっぱ、国際結婚やめた〜」となる将来をイメージしてしまいます。

もし若い女性に癒やしを求めている程度であれば、外国人パブ(フィリピンパブ・ベトナムパブ)など、結婚しない方法でもいいのではないでしょうか?

 
アジマリ
「いい人がいれば結婚したい」というのは離婚歴がある男性に多い傾向があります。こういった結婚意欲が低そうな方は、今後、成婚までの実績を確認して、成婚率が芳しくない場合には入会拒否にしていく予定です。

今すぐ行動に移すだけの気持ちは固まっていますか?

最後に今すぐ行動に移すだけの国際結婚の気持ちは固まっていますでしょうか?

アジマリにもお問い合わせは来ているものの、「今はコロナだから」など様々な理由で、すぐに行動を移さない方もいます。

国際結婚相談所ではまずはチャットやビデオ通話からお互いを知ることができます。すぐに会えないからと行動に移さず、静観している方も多いですが、40代の男性にそんな悠長な時間はありません。1才年を重ねただけで、多くの女性が拒否してしまう瀬戸際にいます。年齢的には、もう選べる立場ではないのです。

すぐに対面デートできないとしても、ビデオ通話からでも交際をスタートするなど、柔軟な発想・行動力が必要です。

40代男性の国際結婚 まとめ

  • 経済力より年齢が重要
  • 45歳以上だと国際結婚でもハードルが上がる
  • 同じ年収なら田舎より東京が有利
  • 見た目や健康も重要
  • お金を払えば結婚できるというスタンスは入会拒否案件
  • 若い女性との結婚を望むなら子供はマスト
  • コロナが落ち着いた後から行動では遅い

40代男性の皆様が希望を胸に国際結婚相談所に相談されることは多いのですが、実際、思っていた以上に年齢で苦労されています。

特に40代後半となってしまったら、さすがに経済格差のある途上国の女性と言っても、人気が急激に落ちます。

また男性は「若さ」や「癒やし」を求めていますが、子供を作るモチベーションが低かったり、女性側に致命的なデメリットがある独りよがりな結婚願望を抱いている方も少なくありません。

女性側に結婚するメリットを提供できる男性じゃないと、いくら国際結婚といっても難しいので、そのあたりをしっかり踏まえた上で、国際結婚すべきかどうか決断をしてみてください。

 
アジマリ
1960年代の日本人女性が40代のアメリカ人男性に嫁ぐかどうか? 嫁ぐならどういった男性なら結婚したいかをイメージしてみてください。それが今のベトナム人女性の心理にも当てはまります。

関連記事:ベトナム人の結婚年齢・平均年齢は?国際結婚の年齢差は何歳までOK?

関連記事:ベトナム人との国際結婚が断トツでおすすめな理由を徹底解説!

>20代でも入会できる格安料金の国際結婚相談所

20代でも入会できる格安料金の国際結婚相談所

国際結婚相談所は、総額200万円以上必要な業者も少なくありません。これでは20〜30代の方が国際結婚するのはハードルが高いです。

普通の人がもっと気軽に国際結婚を選択できる社会にしていけれるように、無駄を省いて「10万円」と業界屈指の格安料金に設定しました!

さすがに薄利すぎなので、そのうち少し値上げになるので、国際結婚に興味がある方はお早めに!

※50歳以上の方はご利用できません。

CTR IMG