【体験談】ベトナム女性と結婚したいと思った理由

こんにちは。国際結婚相談所のアジマリです。

筆者はベトナム人専門の国際結婚相談所を運営しながら、自らもベトナム人と結婚するために婚活しています。おそらく、自社の女性会員さんの誰かと結婚することになると思います。

そこで、今回はなぜ「ベトナム女性と結婚したい」と思いたったのか、個人的な理由をシェアしたいと思うので、ベトナム人女性との国際結婚に興味がある方は参考にしてもらえれば幸いです!!

ベトナム女性と結婚したいと思った理由

日本人というだけでハイスペ扱い

筆者は昔ベトナムに駐在しておりましたが、おせじにも待遇の良い会社とは言えませんでした。

待遇が悪いからこそ、大学卒業して1〜2年の平々凡々な自分にベトナム法人の責任者のポジションが回ってきたというメリットもありますが、将来設計とかは厳しい感じの会社でした。業績もボロボロでしたし、経営者の人件費に関する考え方も好きになれませんでした。

しかし、ベトナム人女性からすると、どんな零細企業に低賃金で勤めていようが、日本人というだけでハイスペック男性扱いしてくれます。

ベトナム人の平均年収は大体30万円ぐらいです。日本人の平均年収は400万円ぐらいなので、日本人とお付き合いするということは、ベトナム人にとってはお医者さんとお付き合いするようなもんです(笑) 

日本人の年収は停滞していますが、ベトナム人の年収は年々増加していっているので、この差は縮まっていますが、とりあえず2020年代は、まだお金持ち扱いしてくれるかと思います。

そのうちベトナム現地採用組の収入(月収15〜20万円)ぐらいだと相手にされなくなる日もくるかもしれませんが、日本で正社員の給与がある男性であれば、もうしばらくはハイスペック男性扱いしてくれるでしょう。

ベトナムのGDPは2000年代から急上昇しているが、それでも年2800ドル程度

ベトナム人の平均年収
View Vietnam’s GDP per Capita from 1983 to 2019

10歳以上の年の差婚を狙える

寝ている女子

日本人同士の結婚相談所でも40代〜50代の男性が20代の女性に申し込みしようとして、結婚カウンセラーに「時間の無駄だからやめておけ(仕事増やさないでね!)」となるのは、よくある光景です。 

基本的に結婚で狙える年の差というのは「年収 ÷ 100 」という公式が成り立ちます。

たとえば、年収500万円なら5歳年下までですね。余程のイケメンとか親が資産家とかじゃない限り、大半の方はこの公式から抜け出すことはできません。

しかし、ベトナムでは上でも述べたように、今はまだ日本との経済格差があるために、10歳以上の年下と結婚することは充分成り立ちます。実際国際結婚の平均年の差は13歳ぐらいです。

さすがに20歳と70歳の日越カップルは成立しませんが、20歳差までならよく見ますし、資産状況・社会的地位によっては30歳程度までならチャンスあるでしょう。

アジマリ運営者がベトナムで働いていたときも、38歳の前マネージャーが社内の18歳の女子、しかも可愛い系と結婚していました。その前の責任者も30代後半で、20代前半の美人な女性と結婚したそうです。(両方とも社内恋愛)

「美人or可愛い」と「20代」の両方を狙うのはハードルがメチャクチャ高いですよね。

どちらかといえばロースペックでパッとしない中年日本人男性が、20歳年下の可愛い女子と結婚を実現させたって、もはやラノベの世界です。

この奇跡を垣間見た瞬間、「国際結婚ってアリかも…」と当時思いました(笑)

ベトナム人は身長が低い

筆者は、身長が160センチぐらいしかありません。正確に言うと、1hydeです。

「女性の年齢」と「男の身長」は婚活市場においては、努力ではなんともならないけど、大多数の異性が重視する要素であり、男は身長が低いというだけで空気扱いとなってしまいます。

どうせ、日本で婚活しても身長が低いということだけで、お断りされてしまうケースが思い浮かびますし、低身長を受け入れてくれる女性というのも、「太っている」「離婚歴あり」「年齢が高い」など何かしらモテない要素があるんだろうな〜と容易に想像がつくので、あんまり日本人との結婚というのは気乗りがしませんでしたし、婚活しませんでした。

もしアジマリ運営者と同じように身長が理由で結婚難民になっている方がいれば、ベトナム女性はオススメです。なんてったってベトナムは女性の平均身長は154cmです。男性も164cmしかない超低身長国家だからです。

ベトナム人の平均身長の年代別推移
Mapped: The world’s tallest (and shortest) countries

ベトナム人は男性でも身長が低い方が多く、自分と同じ160センチ以下の方もいますし、実際筆者も働いていて、人生で初めて、異性の対象として見られているような実感が湧いた国です。

逆に日本だと、差別されている訳ではないけど、背が低いというだけで区別はされてるんだろうな〜と感じたことも多いです。

もし低身長な方で「なんか他の人と比べて扱いが雑じゃない?」って感じている方は、一度ベトナムで暮らしてみると人生変わるかもしれません。

国際結婚詐欺・偽装結婚目的・仕送り問題が少ない

詐欺師

ということで、日本人ということだけで「モテそう」だったので、将来、結婚するなら国際結婚だろうな〜と思ってアジマリ運営者は20代はプラプラと独身生活を謳歌していました。

30代になって、真剣に結婚を考えるようになりましたが、別にベトナムでなくても他のアジアの国でも日本のパスポートがあればいけるんじゃないかと、他の国も検討しました。

ベトナム以外にも「中国人」「フィリピン人」との国際結婚も最初は魅力的に映りました。

ベトナムに赴任する前は中国で働いていたこともありますし、少しだけなら中国語は話すこともできます。これから消費国としての中国の魅力も感じているので、中国人もアリかなと思いました。

しかしながら、中国人は偽装結婚が多いという話もよく耳にします。特に結婚相談所に登録している女性は日本人男性をビザ目的で利用しようとしている方が多い傾向があるとの噂です。

また国際結婚相談所に登録されている女性会員の年齢が30代がボリュームゾーンでバツイチの女性会員が多いことも、あまり魅力を感じませんでした。中国で働いていた頃に自然にお相手を見つけれていれれば良かったのかもしれませんが、今は完全に中国とは関係ない生活を送っていることもあり、中国人は対象から除外しました。

次に検討したのがフィリピンです。フィリピン人は国際結婚相談所の中でもベトナムと同じく20代が数多く登録されています。また英語が公用語ということや、ビーチリゾートや日系企業の進出なども魅力的な要因です。

しかしながら、フィリピン人はルックス的に日本人には向いていない(可愛くない)人も多いですね。たまにスペイン・アメリカなどのヨーロッパの血が混ざっていてメチャクチャ美人な方もいますが、全体的にはオリエンタルなザ・東南アジアな顔の女性が多いです。

また結婚相談所に登録しているフィリピン人は素性がよく分からない女性も多いです。スラムとか出身者とかだと、月に10万、20万円単位で仕送りして、自分たちの結婚生活が破綻してしまうといった話もチラホラ耳にします。フィリピンパブという働き口が日本にはあるというのも、就労できるビザの踏み台に使われるリスクもゼロではありません。

フィリピン人との国際結婚も中国人と同じくパッとしませんでした。国際結婚相談所を利用する際には「国際結婚詐欺」や「日本で働くための偽装結婚目的」「仕送り金額」などに注意しなければなりません。

その点ベトナム人は「国際結婚詐欺がまだスキーム化されていない」「社会主義国家ということもあり10万円以上の仕送りが必要になる貧乏家庭は少ない」「就労ビザのために偽装結婚してもベトナムパブは日本に皆無」なので、騙そうと近づいてくる女性は他のアジアの国に比較すると少ないです。

ベトナムは今まさに経済が伸びている国

日本は完全に年収も減って、非正規雇用が増えて、消費税も増えており、正直経済的な成長は見込めません。

一方、ベトナムは人口増加がしばらく続くことが予測されてますし、国民の平均年齢が30歳程度と若いこともあり、今後も経済成長や個人の年収の増加が見込めるでしょう。

生産国としてではなく、消費国として魅力的な伸び代があります。筆者は個人事業主です。今後、日本国内だけでなく、海外とも関連した事業をしたいと思っており、非常に魅力的な国際結婚の相手国です。

中国人のように半日的でもないですし、ベトナム人女性が奥さんだとビジネスもやりやすそうです。

ベトナム語は日本人が習得するにはハードルの高い外国語ということもあり、ベトナム人嫁がいるということは、新しく日越間でビジネスを立ち上げる場合に強力な武器になると感じました。

ビザ的に結婚しやすい

東南アジアでの生産国は中国→ベトナム→ミャンマーとトレンドがありますよね。

と考えると、今の国際結婚のトレンドはベトナムですが、そのうちミャンマーに移行が予想されます。

ミャンマーも国際結婚としては、年の差婚を実現させたい方にとっては、魅力的な国の1つです。しかしながら、ミャンマーは今のところ女性の外国流出を防ぐためか、ミャンマー国内での国際結婚の手続きが複雑化しているようです。

ミャンマー女性との国際結婚の行政書士に対応している行政書士が少ないですし、国際結婚相談所自体も少ないので、ハードルが高いので、難易度が現状のところかなり厳し目となっています。

ベトナム人との国際結婚は普通にできるので、現地で手続きできなくて、結婚できないといったリスクもありません。

ベトナム人女子とは日本で出会える

今在日ベトナム人が増えています。留学生の数は中国人に次いで2位、技能実習生は中国を抜き1位へとなりました。

国籍日本への留学人口
中国13万2千人
ベトナム8万2千人
韓国1万8千人
台湾1万人
ミャンマー6千人

出典:国籍・地域別 在留資格(在留目的)別 在留外国人

今ベトナム人とは日本国内で出会うことができます。しかも日本に来ている子は20代前半〜中盤の若い子が多い!

技能実習生や語学留学生は高卒で、学歴が高くありませんが、個人的に学歴が低い方が国際結婚にはオススメです。

個人的にベトナム人の大卒と結婚するメリットは少ないと思っています。プライド高く、給与面などでシビアに見てきます。

その割に、日本に連れてきたところで、日本語がそこまで話せないのでベトナムのように、オフィスワークの仕事を見つけるのは難しいです。仮に日本語が日本人並に話せても日本の労働環境ではケアレスミスの多いベトナムクオリティで働けるとも思えません。

プライドが高い割に日本ではポンコツ扱いとなるので、自分でSNSなどを使って起業できるような地頭の良い方であれば別ですが、専業主婦や飲食店でのパート止まりなら、技能実習生や日本への語学留学生のあたりの方と結婚した方が幸せにしてあげられるんじゃないかと思います。

それに、高卒なのに、年収がベトナム人よりは高い日本人男性と結婚できたということで、満足感が高い結婚になります。もし大卒ベトナム人なら、「もっと良い外資系勤めの外国人と巡りあえたかも〜」ってタラレバな後悔をされる可能性もありますが、高卒の技能実習生なら「自分にとっては上出来な結婚だった」と思ってもらいやすいです。

ベトナム女性と結婚したいと思った理由 まとめ

  • 日本人というだけでハイスペ扱い
  • 10歳以上の年の差婚を狙える
  • ベトナム人は身長が低い
  • 国際結婚詐欺・偽装結婚目的・仕送り問題が少ない
  • ベトナムは経済が伸びている国
  • ビザ的に結婚しやすい
  • ベトナム人女子とは日本で出会える

筆者も現在進行系で婚活中です。多分、アジマリのベトナム人女性会員さんの中から結婚することになると思います。

将来的にベトナム人向けに顔出しでYouTubeやInstagramで集客して欲しいのでルックスの良く、機転の効く女性を探しています。

日本人相手に、こんなこと言ってたら、何寝ぼけたこと言ってんの? 鏡見たことないの?

とかバカにされそうですが、それができるのが今のベトナム人との国際結婚です。

先人たちが築いてくれた日本ブランドや経済格差の恩恵をありがたく利用させていただきます!

>20代でも入会できる格安料金の国際結婚相談所

20代でも入会できる格安料金の国際結婚相談所

国際結婚相談所は、総額200万円以上必要な業者も少なくありません。これでは20〜30代の方が国際結婚するのはハードルが高いです。

普通の人がもっと気軽に国際結婚を選択できる社会にしていけれるように、無駄を省いて「10万円」と業界屈指の格安料金に設定しました!

さすがに薄利すぎなので、そのうち少し値上げになるので、国際結婚に興味がある方はお早めに!

※50歳以上の方はご利用できません。

CTR IMG