30代男性が国際結婚に絞って婚活を始めた理由

こんにちは!国際結婚相談所アジマリです。

「国際結婚 30代」というキーワードで記事を書こうと思ったのですが、筆者も30代の1人で、国際結婚相談所を運営しながらベトナム人との婚活しているので、今回は自分のことを書きました。

「国際結婚相談所の中から見る30代日本人男性の需要」について興味がある方は参考にしてもらえれば幸いです。

30代が日本人女性じゃなく、外国人との国際結婚に絞った経緯

30代であれば、まだまだ日本人女性との結婚も十分狙える年齢ですよね。国際結婚を検討している男性でも無難に日本人と結婚すべきか、悩んでいる方も多いと思います。

筆者も最初は日本人女性との結婚を考えていました。

しかし、マッチングアプリや結婚相談所の検索システムに登録している女性を見ていても、イマイチ、ピンと感じませんでした。

筆者はそもそも、あまり結婚願望がありません。「一生独身がラクでいいな〜」ぐらいに考えているダメ人間です。

ただ、結婚して子供を育てるのが暗黙の社会的責任になっていますよね。

日本でいい年して独身を謳歌している人に対するプレッシャーは、なんとなく「年金払っていない人」に近い印象を受けます。(直接的に独身を批判してしまうと、逆に自分の人格を疑われるので既婚者の皆さんは口にはしませんけど…)

そんな結婚願望の薄い自分がマッチングアプリや結婚相談所の女性会員のプロフィールを眺めていても、家事とかも大変だし、口論とか多そうだし、子供の成長とか全く興味ないし、なんとなく幸せな結婚生活がイメージできませんでした。

日本では3組に1組が離婚するなんて言われていますが、一番の原因は女性が稼ぐようになったからだと思っています。家庭内での男女のパワーバランスや役割が似た状態になり、経済力のある女性は、男性の機嫌を取る必要もなくなりました。

女性が精神的に男性を癒やす役割はなくなり、それをカバーするかのように、猫の動画や、女の子ばっかり登場するアニメ、大人数のアイドルグループなど癒やし産業が盛んになっているんだと思っています。

ということで基本的に日本人女性と結婚すると、癒やれないし、口論も増えるし、雑務も増え、お小遣い制、テンション上がらないな〜 と思って嫌々婚活していました。

筆者が女性を探す条件は「顔」と「年齢」です。学歴とか年収とか、努力できる部分は一切見ません。性格は重要ですが、まずは見た目です。

だいぶ偏っていますが、結婚相談所を運営していると、多くの男性は、この2つだけで女性と会ってみたいかどうかを判断しているので、筆者の人間性が破綻している訳ではなく自然の摂理でしょう。

ただ、この2つの条件で、女性を探しても、大体、同じような女性が人気になります。そして人気のある女性はハイスペック男性とマッチングします。

筆者は低身長・自営業(経済的に不安定)・平凡な年収・人と話すの苦手など、結婚カウンセラーの立場から言わせてもらえば、お見合いを組むのが、非常に苦労する1人です。

一応自分もマーケティングはかじっているので、自分がどうやれば日本人女性と結婚できるかの戦略も分かっているのですが、女性の年齢やルックスには妥協が必要になります。

男性が結婚において一番モチベーションが上がる「顔」と「年齢」に妥協する婚活において筆者は気乗りがしませんでした。

多くの日本人の男性は、妥協は受けいれ実際に一度会ってみて、性格やライフスタイル・価値観など内面を擦り合わせていって結婚します。

ただ、もともと結婚願望が小さい筆者にとっては。外見で直感的に惹かれない女性とお見合いすることが苦痛でした。相手にも失礼だと思ったので、日本人女性と実際に会うことはしていません。

そんなワガママ婚活難民の筆者ですが、昔、海外で働いていた時、アラフォーの男性が20歳で顔も可愛い系の女の子と国際結婚しているのを目撃していました。

確かに筆者もベトナム駐在時代には、日本人ブランドでチヤホヤしてくれるし、日本では非モテでも結婚できそうな感はありました。

ベトナム国際結婚は10歳〜15歳程度年下の女性を狙っていけると言われています。頑張れば20歳差ぐらいまで。

日本人の経済力の方が圧倒的に強いので、家庭内で男性が尊敬されやすい環境を構築しやすいです。

「美人or可愛い顔」と「20代」「女性的な優しさ」が重要な方で、国籍気にしないのなら国際結婚が最も男性側の理想を最大化できると確信しました。大和撫子は海外にいます。

よって今は、妥協が必要な30代の日本人女性との婚活は全く考慮に入れなくなり、ベトナム女性との国際結婚に絞っています。

それに外見が魅力的なだけではなく、ビジネスでもメリットがあります。

筆者は自営業ですが、新しい事業も始めたいと思っています。しかし、特に特別なスキルも人脈もありません。

凡人の筆者が日本人女性と結婚しても新しい可能性は開けませんが、ベトナム人と国際結婚することによって、新しくベトナム相手に事業ができるチャンスが広がります。

きっと、夫婦としてはマンネリの時がやってきたとしても、ビジネスパートナーとして、お互いにとってメリットのある人生が送れるのではないかと期待しています。外国人とリソース共有すると人生メチャクチャ面白くなりそうだな! というのが国際結婚に絞って婚活に方向転換した理由です。

30代で国際結婚相談所を利用するなら早めに行動を!

その後、色々と時のご縁が重なり、国際結婚相談所を運営する立場となりました。

今は、自分の婚活と合わせて、ベトナム人女性との国際結婚を希望する日本人男性をサポートする立場となっています。

その中で気がついたことは以下2点です。

  • 意外と30代男性のお問い合わせが多い
  • 30代男性の市場価値は高い

意外と30代男性のお問い合わせが多い

国際結婚相談所を開業するまでは、国際結婚相談所の問い合わせは40代〜50代が多いものかと思っていました。

確かに、中高年からのお問い合わせもあるのですが、アジマリでは一番お問い合わせが多いのは同世代の30代男性です。

「日本人女性よりも優しそう」「友達が実習生と付き合っていて幸せそう」「20代の女性と結婚したい」「ベトナムに興味がある」「Webサイトに掲載している◯◯さんの顔写真がタイプ」など、様々な理由で国際結婚に興味を持った30代からのお問い合わせがあります。

昔の国際結婚の希望者は「日本人女性から相手にされない男性」というイメージがありましたが、今は、日本人女性との結婚もできる一般的な30代男性でも、ポジティブな理由で国際結婚を検討している方が多いと実感しています。

30代男性の市場価値は高い

次に30代男性は20代前半のベトナム人女性も狙えることです。

日本に来日しているベトナム人の多くは技能実習生・留学生で、10代後半〜20代前半の若い女性が多いです。

さすがに留学生だと、家柄も良い場合もあるので、30代だと年の差が原因でお断りされるケースもあります。

しかし、高校卒業程度の学歴で日本に技能実習生として来日しているベトナム女性なら、20歳前後の女性を十分狙っていくことが可能となっています。

技能実習生は出会いも少なく、35歳ぐらいまでの日本人男性でも年齢が若いとういことで、オファーがあると喜んでくれます。

もし20歳の日本人の女の子に、35歳の平均的な男性がアプローチしたら、気持ち悪がられますよね。でも、ベトナム人技能実習生だったら、普通に恋愛対象にしてもらえる年齢ですし、全くおかしくありません。

国際結婚では30代前半〜中盤の男性が、経済力もあり、20歳前後の一番若い女性を目一杯狙っていけるギリギリのラインとなり、婚活すべき年齢です。

30代後半のアラフォーに突入すると、段々と若い女性にオファーしても受諾してもらえなくなります。

そして45歳を超えると劇的にマッチングしにくくなるので、アジマリでは積極的には40代男性の入会は募っていません。

国際結婚したい男性なら30代のうちに全力で活動することを強くオススメします。40代になってからの行動では、日本人が思っているよりも遅いのです。

関連記事:40代男性との国際結婚を女性が拒否する理由と結婚相談所利用の心構え

30代男性に国際結婚は料金が高い

ただし、20代〜30代など結婚適齢期が国際結婚するには1つ問題があります。それは、国際結婚相談所の多くは総額200万円以上必要となるからです。

これでは、国際結婚を希望する方が中高年ばかりとなり、相手もお金を重視した、いびつな結婚になってしまいます。

そこで、国際結婚相談所アジマリでは30代でも使える国際結婚相談所をコンセプトとして10万円で女性を紹介できる破格の特別プランを用意しています。

一般的な日本人同士の結婚相談所で成婚まで行くと、総額30〜50万円で落ち着きます。

さすがに、50万円で日本人と成婚できる可能性も十分残っているのに、車が購入できるような大金を国際結婚相談所につぎ込む30代男性はいないと思い、この料金に設定しました。(さすがにライフタイムバリューが10万円は安いので、そのうち値上げしていきます)

そして、何より嬉しいのは交際期間があることです。(多くの国際結婚相談所には交際期間がなく、いきなり成婚です…!)

自分と同じ30代が普通に選択肢の1つとして国際結婚を考えられるように設計したプランなので、ぜひ同世代の方からのお申込みをお待ちしております。

ちなみに、アジマリの女性会員さんは基本的に全員日本語がある程度話せます。

多くの日本人男性は「日本で会える」「日本語が話せる」という条件で国際結婚を希望します。しかし、この条件だと40代になると厳しくなります。

40代以上の男性の国際結婚を積極的に受け入れている国際結婚相談所もあります。その場合「日本語が話せない」「ブローカーが事実と異なる話を女性にしている可能性がある」という可能性もあり、アジマリでは日本人とコミュニケーションの取れない女性は、人身売買に加担してしまうリスクからノータッチです。

アジマリでは日本語が話せて、日本について関心がある女性に絞っていることもあり、その分、日本人について知識があるので、40代の方は高齢でマッチングしにくくなっています。もしアラフォーでアジマリに興味がある方はあまり悠長にしていられません。

アジマリの彼女からコースは30代男性が国内で、日本語が話せるベトナム人女性と出会うなら最適なソリューションの1つだと、自信を持って言えるので、アラサーからアラフォーの男性は、年齢を理由にお断りされる確率が上がる前に、アジマリにご相談ください。

>20代でも入会できる格安料金の国際結婚相談所

20代でも入会できる格安料金の国際結婚相談所

国際結婚相談所は、総額200万円以上必要な業者も少なくありません。これでは20〜30代の方が国際結婚するのはハードルが高いです。

普通の人がもっと気軽に国際結婚を選択できる社会にしていけれるように、無駄を省いて「10万円」と業界屈指の格安料金に設定しました!

さすがに薄利すぎなので、そのうち少し値上げになるので、国際結婚に興味がある方はお早めに!

※50歳以上の方はご利用できません。

CTR IMG